2019年09月08日

受験直前期迫る!

受験直前期に入る前のこの時期、

どのように過ごすべきでしょうか?

 

「やる気が出ない。」

「気分がのらない。」

「なんとなく体がダルい。」

「成績がこれから上がるかが不安。」

など、この時期に気持ちを沈めてしまう受験生がいます。

そのため、ごちゃごちゃと考え過ぎてしまい、

ますます勉強が手につかなくなってしまう場合があるのです。

 

そして、今までやってきたことを、急にやめたくなってしまうのです

 

しかし、これまで続けてきたことを決してやめてしまってはいけません

この時期に必要な姿勢は「待つ」姿勢です。

どんなにいい教材で勉強していても、

どんなにいい勉強法で勉強していても、

結果という果実が実るまでには、それなりに時間がかかります。

その結果が出る前に、

「待てない」

と言って焦り、自暴自棄になってしまったり、

隣の芝生がとても青く見えて目移りをしてしまう受験生がいることは、

本当に残念でなりません。

 

これから直前期にかけて最も成績が上がる時期なのに。」

 

だからこそ、今までやってきたことをやり抜きましょう。

続けていれば、必ず状況が変わります。

今はできていないことが、できるようになってくるのです。

結果が出ないからと言って、「今日」という時間の積み重ねを決して忘れてはなりません。

「継続は力なり」

何度、生徒にこのことを教えてもらったことか!

 

どんなに苦しくても継続すること、

それが成績をアップさせて、合格をつかみとるために必要な姿勢です。

これからもがんばって勉強を続けていきましょう。

 

本当に苦しいとき、自分を支えてくれるのは『過去のがんばった自分』だけです。

 

歩け、歩け。

続けることの大切さ。

(江戸時代の測量家・伊能忠敬)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
学習支援塾「羅針盤」
http://shien-z.com
TEL:090-2960-7905
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆