2019年06月28日

テスト後の対応

中学校では期末テストが返却され、

その点数に一喜一憂しているところでしょう。

 

そんな中、思うような点数を取っていない我が子に、

どのように対応されているでしょうか?

「何をしてたの?」

「あれほどちゃんとしなさいと言ったでしょ!」

と責めてはいませんか?

 

特に中3の場合は、

受験まで時間が無いと焦り、

あれほど期待していたのに裏切られた気持ちを抱くのも、

心情としてはわかりますが、

そのマイナスな感情を子どもにぶつけて、

一体何を望むのでしょうか?

挙句の果てに、

「もう何度言ってもわからないなら、勉強なんかしなくてもいい」

「塾なんかやめてしまいなさい」

「自分の好きなようにすればいいでしょ」

と言ってしまっていませんか?

 

たとえ本心は子どもの反発心に期待して、

「自分が悪かった。今から心を入れ替えて頑張る」

と言って欲しいのかもしれませんが、

売り言葉に買い言葉。

「そんなに言うならやめる」

と、実に残念な方向へ進んでしまうことも多いのです。

そして、親は慌てるのです。

 

子どもは親に責めたてられた場合、

悲しそうな落ち込んだ演技(自分はもうダメだ)をしますが、

頑張ることが苦手な子どもの心の奥底では、

「ラッキー」

と感じているのです。

 

ただでさえやりたくもない勉強。

これで母親のお墨付きが得られ、

堂々と勉強をしなくてよい口実が出来たからです。

 

たとえ何度同じ失敗を繰り返したとしても、

そのこと自体が大切なものであるならば、

勉強することは生き抜く力を育てることにつながっています

反省はさせても、あきらめさせてはいけません。

 

良い習慣と違い、あきらめる癖は悪い習慣としてすぐに身につきます。

そんな悪い習慣を持った我が子の将来に不安を覚えませんか?

 

子どもを叱るときは必ず自分自身のため

(自分の苛立ちの解消のため)ではなく、

子どものためになっているかを自問自答してください。

 

ご自分でもわかると思いますが、

中学・高校のときに身につけた姿勢は、

その後の人生を大きく左右します。

厳しい実社会の中でたくましく生き抜くためにも、

あきらめないことを伝えるべきではないでしょうか。

 

アメリカのメジャーリーグでも話題になった、

ルーク・テリーさんという高校生がいます。

彼は幼い時に感染症で右肩から下を失くしてしまったものの、

大好きな野球に取り組み、

人の何倍も努力を重ね、

片腕ながら厳しく難しいポジションであるキャッチャーをやり続け、

全米でも有名な選手になっているのです。

 

彼はテレビのインタビューで、次のように語っていました。

「家族や友人が、

『何事も諦めるな』『自分のベストを尽くせ』

と言ってくれました。

だからこそ自分の夢を100%の力で追い続けることができたんです。

ぼくは『できない』という言葉が嫌いです

人は色んな理由をつけて

『できない』ってよく言いますよね。

そんなことを言う前にまずやってみてほしい。

そう思います」

 

私はこの言葉に素直に感動しました。

 

保護者の皆さん、

子どもに「出来ない理由」を自ら与えていませんか?

そうではなく、困難に直面しても、

「あきらめない勇気」を与えてください

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
学習支援塾「羅針盤」
http://shien-z.com
TEL:090-2960-7905
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆