2019年06月10日

受験は時間との戦い!

難しい問題を考えているうちに、やる気がなくなったり、

眠くなったりすることがよくあります。

 

このパターンは受験生に非常によくある悩みの一つです。

わからないところや、一つの問題をずっと考えたりしているとき、

「思考の負のループ」にはまっている可能性があります。

この負のループにはまると、やる気が下がったり、

疲労感を感じたりしてしまうのです。

 

そうならないために、大事なことがあります。

それは、まず

できることからやっていく」

簡単なことから取り組む

ことです。

例えば、勉強を開始するときは、

・今まで覚えた英単語を本当に覚えているか確認する。

・簡単な計算問題を肩慣らしに始める。

・英語の音読から始める。

など、確実に「できること」から始めていきます。

 

このように「できること」から始めることで、

心の奥深いところでは、

自分は勉強ができる

と思い込んでくれるようになります。

「できること」から始めると、スピーディに、

そして、リズミカルに勉強が進むので、やる気も上がってきます。

 

さらに、改善策として、

取り組む時間に気をつける」ようにしてください。

例えば、

・数学の一題を考えるのに1時間かかった。

・英語の下線部訳を考えるのに、1時間かかった。

・国語の問題を解いて、解説を読むのに2時間かかった。

ということもよくあります。

しかし、これではいくら時間があっても足りません。

入試本番までにやるべきことが、間に合いません。

 

そこで重要なのは、

この一題は○○分以内に解く(考える)

と決めてから取り組むことです。

そして、その時間を決めたならば、必ず守るようにします。

・数学の一題は、5分以内で解法の道筋をつける。

・英語の下線部訳は、一題あたり10分まで。

というように一題にかける時間を決めてしまうのです。

 

「それじゃあ、完璧に理解できないまま、次に進んでしまうんじゃ…」

と心配するかもしれませんが、

一回で完璧に理解する必要はありません。

同じ問題を何度も繰り返し反復していく過程で、理解を深め、定着させるのです。

 

だから、時間がかかり過ぎてしまう場合は、飛ばしてしまい、

どんどん先に進んでいきましょう。

そして、復習。

この癖をつけることで、本番でも、時間配分に強くなれます

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
学習支援塾「羅針盤」
http://shien-z.com
TEL:090-2960-7905
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆