2019年05月31日

うつむくな!前を見よう!

授業中に顎に手を当て、

首の関節を鳴らす生徒を見かけることが時々あります。

「よほど肩回りが凝っているのかな?若いのに!」

「部活で首でも痛めたのかな?」

と思いながら眺めていました。

 

と同時にそのような生徒を眺めながら、

「首の関節を鳴らす生徒には共通点があるな」

とも感じていました。

 

それは成績不振であること。

または、成績が向上しにくいということです。

 

なぜそのような共通点が生まれているのか、

薄々原因に気づいていましたが、

『宝くじで1億円当たった人の末路』に

「やっぱり、そうか!」

と思える記述を偶然見つけました。

 

首の関節を鳴らす人は、

日常生活で視線を下に向けていることが多いそうです。

つまり、姿勢が悪いことが原因で、

脳の働きを低下させているのです。

 

確かに首の関節を鳴らす生徒は、

授業の説明中、ずっと下ばかり向いているのです。

視線が上がらないのです。

おそらく学校でも同様で、

学習に対して無意識のうちに、

否定的な感情を持ってしまっているのかもしれません。

 

人は嫌なことを身につける能力は乏しいのです。

前向きに積極的に身につけようとする意識がとても重要なのです。

 

生徒の皆さん、

授業中は特に視線を上げて、プラスの感情で学習してください

503FDAAF-047A-4A16-8407-E4BA4647CC48

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
学習支援塾「羅針盤」
http://shien-z.com
TEL:090-2960-7905
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆