2019年05月21日

受験勉強のコツ(本質)!

受験勉強では、たくさんの問題を解いたからといって、

成績が上がるわけではありません。

また、良い授業を受けたからといって、

必ず成績が上がるものでもありません。

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

受験勉強において成績を上げるコツ(本質)は、

論理的かつ客観的に解答する力を備える

このことを強烈に意識して日々、学習に取り組むことです。

 

新解明国語辞典によると、

「論理的」とは、

「前提とそれから導き出される結論との間に筋道が認められて、納得がいく様子」

とあります。また、

「客観的」とは、

「見方が公正であったり、考え方が論理的であったりして、多くの人に理解・納得される様子」

と書かれています。

つまり、あらゆる入試問題には解答の根拠があるので、

その根拠を見つけ出し、解答へとつなげていかなければならないのです。

解答は決して自分勝手な勘で行うものではないのです。

 

たとえば、問題の正解を選ぶことができていたとしても、

次のような状態では、完璧にその問題の根拠を理解しているとは言えません。

 

「問一の答えはなんですか?」

「アです」

「なぜアが答えになるのですか?」

「・・・(答えられない)」

 

これでは正解をなんとなく、フィーリングで選んでいるだけで、

正解に至るまでのプロセスが無視されています。

受験勉強において大切なことは、

正解に至るまでのプロセス」です。

そして、このプロセスを論理的・客観的に示すことが、

模試などにおいて、成績を安定させることにもつながるのです。

 

ここでお勧めの勉強法は、

勉強が苦手な人に教えるつもりで勉強することです。

相手が、分からない部分について質問してきたとき、

それに対していかに分り易く教えるかを、常に考えながら学習するのです。

 

もし、上手に説明できない部分があれば、

「なぜそうなるのですか?」

と質問されることでしょう。

相手が完璧に納得できるように教えてあげることができれば、

あなた自身が論理的・客観的にその問題を理解していることになるのです。

 

たとえば、

「なぜその選択肢が正解になるのか?」

「正解の根拠はどこにあるのか?」

「どうすれば正解の根拠を見つけられるのか?」

これらの質問に対して、常に分り易く答えられるように学習しましょう。

 

自分が教える側に回ることによって、正解までのプロセスを意識化することができれば、

学力は飛躍的に向上していきます。

 

受験生の皆さん、

今日から「『自分が先生』学習法」を実践してみてください。

5E3CDEC2-977D-477F-B023-7EE85377AE6F 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
学習支援塾「羅針盤」
http://shien-z.com
TEL:090-2960-7905
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆