2019年05月11日

成績の伸びない生徒!

以前から成績の伸びない生徒には、

共通したタイプがあると感じていました。

 

第一の共通点は、塾で学校の宿題ばかりしているタイプです。

もちろん塾には塾の教材があります。

その教材を受験までに計画的に消化し、

身につけていくことで合格へと導いていきます。

しかし、その塾の教材を消化できない生徒がいるのです。

 

この場合の原因は二つ考えられます。

一つ目は、家庭学習時間が少なすぎることです。

そのため学校の宿題を行うためには、塾で勉強時間をカバーしなければなりません。。

このパターンは、基本的に受験に必要な絶対的な学習時間が足りていないため、

成績のアップが望めないのです。

 

二つ目は、その生徒にとって学校の宿題が多すぎる、

すなわち許容量を超えていることです。

学校の中には、各教科の宿題のバランスを考えず、

とにかく自分の担当している教科のことだけを考え、

過剰に宿題を課す先生がいます。

(自分の担当科目の成績だけ上がれば良いと考えているのでしょう)

このパターンは、宿題をこなすことで精一杯となり、

学習内容が定着していきません。

完全にオーバーヒートしているため、

成績のアップはやはり望めません。

 

第二の共通点は、塾で相談もなく自分勝手に自分の教材を使って勉強しているタイプです。

この場合、生徒なりにではありますが、努力はしているのです。

生徒本人は頑張っているつもりなのです。

それなのに受験結果が伴わないので、以前から気になっていました。

 

そんな中、三田紀房氏の「ドラゴン桜2」にその答えが記されていることに気づきました。

そこには、

浮気性の受験生は落ちる

と書かれていました。

「浮気性とは、あれやこれやいろんな教材に手を出す受験生のこと。

参考書や問題集を次々と買い替えたり、塾を転々と移って腰が落ち着かない。

こういうタイプはだいたい受験に失敗すると言われている」

とも書かれていました。

 

つまり、受験においてもじっくりと腰を落ち着け、

今置かれている自分の環境を肯定的にとらえ、

地道に学習を積み重ねることが王道だということです。

 

生徒の皆さん、

どうか浮気性な受験生にならないでください。

706E2EE5-E46F-4835-B309-04BDA61B7637

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
学習支援塾「羅針盤」
http://shien-z.com
TEL:090-2960-7905
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆